トップ > 痔の基礎知識

痔の基礎知識

早期発見、早期治療が大切です。

早期発見、早期治療が大切ですは男女に共通して最もよくある病気の一つで、日本人の約3分の1が痔を患っているといわれています。

痔には主に3種類ありますが、最も多いのが肛門にいぼ状の物ができる痔核というタイプで、一般的に「いぼ痔」と呼ばれています。

痔核は主に30歳過ぎに発症することが多いのですが、あらゆる年齢層で起こりうる病気です。初期段階ではあまり痛みは感じられませんが、そのままにしておくと症状が悪化し、外科的治療を必要とすることがあります。
痔には早期発見、早期治療が大切です。そのためにも正しい知識をつけましょう。

  • 痔の基礎知識
  • 肛門の構造
  • 痔とはどんな病気か
  • 痔の種類
  • 痔の有病率
Next